本文へスキップ

DSPCはシニアや障害者福祉・地域コミュニティ作りを推進

鍼治療 東洋医学ACUPUNCTURE & EASTERN MEDICINE

東洋医学、特に「鍼治療」は日本人になじみ深く長い歴史を持つ治療法です。起源、ツボの定位法、
WHOで認められた鍼灸の適応疾患などを掲載。五蔵六腑の六腑とは?人体の五行分類とは?
ユニークな「舌診法」は、舌の色や形で患者の体質・体調を診断。
このページは「鍼灸師/国家資格」のご協力を仰ぎ編集致しました。

東洋医学 四診法のひとつ「舌診法」とは?

 舌全体の色・形・厚さなどで患者の体調・体質を診断。

 【正常な舌】紅淡色(ピンク)適度な大きさと形
 【白色・寒証】白っぽい色、身体エネルギー不足、陽虚
 【血虚証】小さくやせ細り、栄養不足状態
 【気虚証】ボテッとして横に歯型、消化器系機能の低下

  舌の色・形で見る健康状態はコチラ:148KB


東洋医学 五蔵六腑の臓腑とは?

 【五臓】
  精気を内に蔵している実質器官で「蔵」と呼ばれ
  生命活動の中枢を担う臓器をいいます。
  「肝・心・脾・肺・腎」
 【六腑】
  中空器官で飲食物を受け入れ、消化して次の器官に
  送り、水分吸収・配分・排泄に関与する臓器
  「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」
  (三焦=元々は無形有用。消化吸収・大小便の排泄)


東洋医学 人体の五行分類とは?

  人体は以下のように五行分類されています。

 【五行】木・火・土・金・水
 【五臓】肝・心・脾・肺・腎
 【五腑】胆・小腸・胃・大腸・膀胱
 【五官】目・舌・口・鼻・耳
 【五主】筋・血脈・肌肉・皮毛・骨髄
 【五志】怒・喜・思・憂・恐


「鍼治療の起源」は石器時代にさかのぼります。

  【経穴/ツボ】
  経穴は、灸を点じ、鍼を打つべき身体の箇所全身に
  数百か所あり、経絡(けいらく)の要所になります。
  また、病気の診断と治療の対象点とされています。

  その発見と起源は、人々がまだ動物の種から分かれた
  ばかりで、物事を認識したり理解する能力は幼稚で
  生存する環境も劣悪な状況でした。


「経験療法」のはじまり

  あるとき、狩りの途中で先のとがった石や植物のトゲで
  体表(皮膚)を傷つけてしまったり、出血したりする事で
  本来あった痛みが偶然楽になるといった現象をたびたび
  経験することによって「ここを偶然傷つけたら痛みが取れた
  ここを温めたら、お腹の痛みが無くなった。同じ症状の時は
  そこに同じことをすれば良い」と考えるようになりました。
  この繰り返しによって「経穴=ツボ」が出来ました。


人々の関心が高まり、積極的に使われる

  同じような現象を何度も経験することで、この現象に人々が
  関心を持つようになり、石のかたまりなどを使って、体表を
  刺激すると痛みが軽減することを覚えました。

 「痛みを和らげるための石=へん石」は、刺激治療用に使う
  だけでは無く、感染によって化膿した箇所を切開し膿を出す
  など外科疾患にも積極的に使われるようになりました。
  これらの石は「ざん石」と呼ばれています。


「へん石」の誕生

  新石器時代に入ると生産能力が向上し、人々は研磨技術を
  身に着けるようになり、かなり精巧な刺激治療用の石器を
  作り始め、鍼用具の起源「へん石」の誕生となります。

  多くの形は、鋭角に割れる石を長方形や円盤状にしたもの
  ナイフの形に研磨したものなどがありますが、現在の様な
  形状には、まだまだ至っていません。


加工技術の進歩「より鋭く、より細く」

  加工技術・制作技術の進歩に伴い、動物の骨・竹木・陶土
  などが多く使われるようになりました。それは「へん石」に
  比べると細く加工しやすく、刺鍼道具に適していたからです。
  このことは、古典に多数記載されています。

 【針と鍼の違い】
  針・・・中に穴の開いた針を意味する。(注射針)
  鍼・・・縫い針、薬ばり、病気を治す針


2006年、WHOにより361ヶ所の「経穴=ツボ」の位置が確立されました。

 【経穴の定位法】
  現在、骨度分寸法、指寸法などの定位法が有り
  施術する身体の場所に合せた方法で採寸します。

 【骨度分寸法】各部の骨の長さ・関節の距離が一定の目安。
 【指寸法】患者の手指の長さをもとに経穴の位置を決める。
 【母指同寸法】患者の母指関節の幅を基準とします。
 【横指同身寸】患者の母指以外の四指の幅を基本にする方法。


WHO(世界保健機構)で認められた鍼灸の適応疾患

  神経性疾患、運動器系疾患、循環器系疾患、呼吸器系疾患
  消化器系疾患、代謝内分泌系疾患、生殖泌尿器系疾患
  婦人科系疾患、眼科系疾患、小児科系疾患
  耳鼻咽喉科系疾患

 【健康保険で受けられるもの】
  神経痛、リウマチ、腰痛症、五十肩、頚腕症候群
  頸椎捻挫症候群



鍼治療の将来

  2025年問題の施策「地域包括ケアシステム」が地域ごとに
  構築が進められてあります。鍼治療は、医療・介護の分野
  において、予防医学や介護予防の役割を担うでしょう。

  東洋医学のことば  「未病治」=「未だ病まざるを治す」

  地域包括ケアシステム/医療・介護制度改革について
  詳しい資料は コチラ(PDF:1.93MB)



DSPCの「鍼治療の起源・現在・これから」もっと詳しくみる

 このページは、専門家(鍼灸師/国家資格)のご協力を仰ぎ
 その資料をもとに、DSPCが再編集し、39ページの内容から
 抜粋して掲載させていただきました。

 「鍼治療の起源・現在・これから」
      ボディメンテナンスの新しいツール

    詳しい内容は コチラ(PDF:3.3MB)