本文へスキップ

DSPCはシニアや障害者福祉・地域コミュニティ作りを推進

アロマセラピーと大脳辺縁系AROMATHERAPY & LIMBIC SYSTEM

アロマセラピーは、どのように私たちの脳で受け止められ、心と身体に作用するのでしょうか?
このページでは「芳香浴法」に焦点を当て、認知症と最も関連深い「嗅覚が大脳辺縁系に作用する
メカニズム」をまとめました。

DSPC アロマセラピーが脳にもたらす作用とは?認知症予防と大脳辺縁系の関係とは?

  エッセンシャルオイル(以下『精油』という)の香りを
  嗅ぐこと(芳香浴法)、トリートメント・マッサージで
  身体に触れられること(トリートメント法)の体験は
  各器官の神経を経由し情報として脳に送られます。

  精油が心身に作用する経路は、@感覚器(嗅覚)から
  脳に伝わる経路と、A皮膚や粘膜から血管に入り血液の
  循環によって全身に伝わる経路の2つに分けられます。


大脳辺縁系(Limbic System)とは何か?

              大きい画像はコチラ

  大脳辺縁系(だいのうへんえんけい、英: limbic system)は
  大脳半球の内側に位置して、人間の脳で情動の表出、意欲、
  記憶、内分泌系と自律神経系に関与している複数の構造物の
  総称です。大脳辺縁系には、古皮質・旧皮質に属する、嗅球・
  嗅索・扁桃体・海馬などが含まれます。


  大脳辺縁系は、感情や欲求など情動に関与する事から
  情動脳と呼ばれ、特に扁桃体は外部からの刺激に対して
  快・不快・恐怖といった反応を起こす部位で、記憶の
  中枢も大脳辺縁系の海馬に有って、体験・学習で得た
  記憶を貯蔵しています。


精油の香りが、嗅覚から脳に伝わるメカニズム

              大きい画像はコチラ

  精油が人間の心と身体に作用する2つの経路(A:皮膚から
  吸収して血液循環・B:嗅覚)のうち、ここでは「嗅覚」が
  重要ポイント。精油の匂いを嗅いだ時、精油成分の分子は
  鼻の奥に有る@嗅上皮粘膜、A嗅毛、B電気信号になって
  嗅神経に伝達C嗅球・嗅索を経て、D大脳辺縁系(脳の機能
  領域)
に達しE大脳皮質の嗅覚野に伝わり「におい」として
  認知されます。


匂い成分がダイレクトに脳(大脳辺縁系)に伝わる理由

              大きい画像はコチラ

  大脳辺縁系は進化論的に言うと、脳の最も古い部位の
  ひとつです。動物が高等になるほど新皮質の占める割合が
  大きくなるのに対し、辺縁系の発達にはあまり差が無く
  これは辺縁系がどの動物にも共通な機能に関係している
  からです。


  嗅覚は生物の進化において視覚・聴覚より早期に発達した
  感覚で、匂いを嗅いだ時「それを何か?」と認識する前に
  好き・嫌い、快・不快、匂いに関連した記憶を呼び戻すなど
  嗅覚は他の感覚と違って、刺激が新皮質を経由せず、刺激が
  ダイレクトに大脳辺縁系へ伝えられ、身体を調節するという
  特殊性が有るからなのです。


大脳辺縁系は嗅覚と最も関連性が大きな場所

              大きい画像はコチラ

  左の画像は、ヒトの頭部断面図です。大きな新皮質に囲まれ
  脳の中央に見えるリング状の部位が「大脳辺縁系」と呼ばれ
  情動・意欲・記憶・内分泌系・自律神経系に関与しています。
  また「嗅覚」との関連性が最も大きな場所です。ここの機能
  低下が認知症や総合失調症等に深く関わると言われています。


アルツハイマー病患者に対するアロマセラピーの有用性
(鳥取大学 医学部 浦上克哉教授の論文より抜粋)

 【はじめに】今日、高齢者増加に伴い、痴呆患者が増加し、
  ADも増加しているが、それは、個人や家族だけでなく
  世界中で社会的、政治的問題となっている。本邦では
  介護保険の導入により、薬物のみではなく介護の面から
  痴呆患者へアプローチする非薬物療法が注目されるように
  なってきた。非薬物療法は、薬物療法や日々のケアを補う
  目的で行われて来たが、最近では痴呆の予防となりえる
  可能性も指摘されている。
   論文の詳しい内容はこちら(PDF:132KB)


精油嗅覚刺激による唾液α-アミラーゼ活性と状態不安に及ぼす影響
(日本補完代替医療学会誌より抜粋)

              大きい画像はコチラ

  〜北海道文教大学、札幌医科大学による研究論文より〜
  精油の香り吸入による嗅覚刺激は,リラクゼーションの
  方法の一つと考えられている。 スウィートオレンジの
  嗅覚刺激後に唾液 α-アミラーゼ活性と状態不安レベルは
  有意な低下を示した。ペパーミントでは,有意な変化は
  みられなかった。ある種の精油による嗅覚刺激によって,
  リラックス効果が得られる可能性が示唆された。
   論文の詳しい内容はこちら(PDF:312KB)


芳香浴によるパソコン作業の疲労軽減効果〜生理・心理・免疫学的指標による検討
(日本補完代替医療学会誌より抜粋)

  〜京都府立医科大学大学院、明治国際医療大学ほか〜
  【目的】パソコン作業を行いながら様々な種類の精油を吸入し
  生理・心理・免疫学的パラメータの変化と,心身の疲労軽減の
  有無について包括的に検討した。
  【結果・結論】精油がパソコン作業者の自律神経系・免疫系
  心理に影響を及ぼしており,精油の種類によっても生体反応が
  異なることが示唆され、なかでも特に「ペパーミント精油」に
  疲労軽減効果があることが示された.
   論文の詳しい内容はこちら(PDF:848KB)


     

芳香浴法は、大脳辺縁系を中心とする、脳への作用を活用した自然療法

  アロマセラピーの芳香浴法は、嗅覚を通じて香りの信号が
  脳の大脳辺縁系や視床下部に伝わり、自律神経の働きが
  調節されることによって身体の機能が整えられるという
  自然療法です。心理的には、前向きになる、元気になる
  気持ちが落ち着く、リラックスする、悲しみが軽減される
  穏やかな気持ちになる等のプラス作用が有ります。
  アロマは長い歴史の中で人々の生活に役立って来ました。


「アロマペンダント」日中身につける、手軽な芳香グッズ

  浦上教授も提唱していますが、昼は「アロマペンダント」
  夜は「ディフューザー」を使用すると効果的です。

 「アロマペンダント」は、ペンダントの中のフィルターに
  精油を染み込ませて使用します。
 「アロマペンクリップ」は、ジャケット・Yシャツなどの
  ポケットにペンを差す要領で使用します。
  装飾性重視のものから、機能性重視のものまで、色々な
  種類が市販され、使用するシーンに応じた商品が選べます。


「ディフューザー」寝室など室内で使う、手軽な芳香グッズ

  電気式芳香拡散器(ディフューザー)は精油と水を超音波で
  発生させた水蒸気ミストを拡散するタイプですが、タンクや
  噴出口部分のお手入れを怠るとカビの発生により雑菌などを
  吸い込んでしまう恐れが有るので、ご注意下さい。

  含浸式(自然気化式)芳香器は、セラミックやフィルターに
  精油を染み込ませ自然の気化力を利用して香りを拡散させる
  ものです。電気や火気を用いませんから放っておいても安心
  安全。高齢者の部屋・枕元・ベッドサイドなどに最適です。


DSPC  Active-Life「シニアに使いやすい アロマペンダント 特許出願」

  DSPCはアロマペンダントの市場調査を行い、シニアや
  高齢者層から製品について「扱いにくい・こうして欲しい」
  という意見や要望を多数いただきました。

  現在、市場に多数出回っているアロマペンダントの構造は、
  小型のカプセル型が多く、共通した意見は以下の通りです。
  @ネックレスの金具が小さくて止めにくい(着脱が面倒)
  Aフタのネジ止めが上手に出来ず、フタと本体が外れやすい。
  B容器の口が小さいので、オイルが入れにくい。
  Cメーカーや機種によっては、液漏れしやすい商品がある。
  Dネックレスのメッキで金属アレルギーが心配。

  DSPCは「シニアに使いやすいアロマペンダントとは?」を
  課題に、国内で信頼と実績のあるアロマ製品メーカーと共同
  開発により特許出願に至りました。(2014年)


  「Active-Life」は、DSPCのブランド名です。
  商品名:AROMA-PENDANT
          <アクティブ&シニア/AAS>


AROMA-PENDANT<アクティブ&シニア/AAS>の特長とは?

  @フタと本体の一体型で、開閉がワンタッチのスライド式。「あける、たらす、とじる」だけ!
  Aオイルの滴下面積が広いので、ドロッパー瓶からカンタンに滴下出来ます。
   (スポイトや受け皿、特別な器具なども不要で、手間いらずの設計)
  B特殊フィルターがオイルをしっかりホールドするので液漏れしにくい構造。
  Cストラップ(ひも)は、汗に強く、アレルギー等を起こしにくい「PVC素材」
  D頭からカンタンに着脱できる長いストラップは、ワンタッチの長さ調節付き。
  Eコンパクトでスタイリッシュな「薄型・平面デザイン」性別・年齢を問いません。
  F購入しやすい「お手頃価格」