本文へスキップ

DSPCはシニアや障害者福祉・地域コミュニティ作りを推進

ごあいさつGreeting

DSPCに出来ること

DSPCは、シニアへのパソコン指導からスタートし、ICT利活用による
シニアライフの提案、障害者の社会参加・自立就労支援、認知症介護
地域コミュニティの創出などの貴重な現場体験・実証実験から得た
学びと気づき、そして実績を活かし、DSPCの立場を「多面的および
包括的な啓発活動を実践する団体」として再認識し、独自の視点から
@障害者福祉、A高齢者福祉の両輪で、行政機関・有識者・専門家の
協力を仰ぎ、かつ連携を強め、ゆるぎない啓発活動により、社会福祉
向上に寄与します。


・独自の視点で具体的かつ実現可能な方法を見つけ出し
・支援に必要な環境作りを目指した実証実験を行い
・情報提供ならびに啓発活動を推進する。
 

DSPCの活動指針

■ 認知症対策、健康寿命をのばす啓発活動

  2015年1月「認知症施策推進総合戦略:新オレンジプラン」が
  厚生労働省により発表され、サブテーマの『認知症高齢者に
  やさしい地域づくりに向けて』に沿った様々な施策(認知症
  への理解、早期発見・早期対応、介護者の負担軽減、介護の
  担い手育成、介護・認知症予防など)が策定されています。
  DSPCは、高齢者が「住み慣れた地域でイキイキと暮らし続け
  るためには」本人の自助努力と共に、地域力の結集と協力が
  必要不可欠で有ると考えます。
  私たちは、有識者・専門家と連携して、地域における認知症
  対策の具現化に向けた研究及び提案活動を推進します。

■ 障がい者の自立就労、社会参加、雇用促進の提案活動

  国や自治体では、障がい者の自立就労支援を促進する施策等
  (障がい者福祉施設・地域ネットワーク、障害者優先調達推
  進法など)が遂行されておりますが、まだまだ民間への浸透
  がなされておりません。DSPCは厚生労働省をはじめ関係機関
  とのヒアリングを重ね、私たちDSPCの位置付けを「社会への
  啓発促進を担う団体」と認識し、「課題の把握」→「DSPCに
  出来ること」→「具現化の方法を見出す」→「留意点」など
  ご指導を仰ぎ、今日に至っております。
  現場を体験して知り、何が必要か、独自の方向性を見出して
  実現させる。これは「助ける」ということでは無く「向上を
  目指した、きっかけ作りとお手伝い」と考えています。

  私たちは草の根活動を通じ、今でも継続的かつ発展形として
  実施されていることを最高の評価と喜んでやみません。
  今日に至ることが出来ましたのは、ひとえに皆様のご理解と
  ご協力の賜物と心より感謝の意をお伝えし、重ねて、今後とも
  当法人を何卒お引き立て下さいますようお願い申し上げます。
  一般社団法人ディベロップメントシニアPCコミュニティ 代表理事 片岡まり子