本文へスキップ

DSPCはシニアや障害者福祉・地域コミュニティ作りを推進

ごあいさつGreeting

DSPCに出来ること

DSPCは、シニアへのパソコン指導からスタートし、
ICT利活用によるシニアライフの提案、障がい者の
社会参加・自立就労支援、認知症を含めた介護、
地域コミュニティ創出などの貴重な現場体験や
実証実験から得た学びと気づき、そして実績を活かし、
DSPCの立ち位置を「多面的および包括的な啓発活動を
実践する団体」として再認識することによって、
独自の視点から、@障がい者福祉、A高齢者福祉の
両輪で、行政機関・有識者・専門家の協力を仰ぎ、
かつ連携を強め、ゆるぎない啓発活動により、
社会福祉の向上に寄与します。


・独自の視点で具体的かつ実現可能な方法を見つけ出し
・支援に必要な環境作りを目指した実証実験を行い
・情報提供ならびに啓発活動を推進する。
 

代表理事ごあいさつ

DSPCは、法人の前身である任意団体「SUPP」創立から
おかげさまで15年を迎えました。
これは、有識者・専門家・行政機関・企業・諸団体の
皆様のご理解、ご協力、ご指導などによって私たちの
活動が支えられてきた賜物と心から感謝申し上げます。

理論や建前論ではなく「私たちに出来ること、DSPCが
できること」をブレずに守り、実践で得た「気づき」と
学びによって視野を広げていく活動となりました。

DSPCは高齢者福祉・障害者福祉の向上研究と啓発活動を
推進する団体でありますが、15年を振り返ってみますと
研究活動は以下の6つの部門に分かれます。

(1)シニア向けICT利活用
(2)高齢者および障がい者の生活支援
(3)アロマ活用によるセルフメディケーション啓発
(4)障がい者の工賃向上および芸術活動支援
(5)農福連携事業推進
(6)感染予防の啓発

一見、各部門は分離しているように見えます。実際は
障害者の自立就労、高齢者の健康長寿、認知症予防、
地域コミュニティの創出など相互に関連しています。
DSPCは、さまざまな手法を取り入れ、可能性を見出す
「福祉の向上を目指した、きっかけ作り」と考えています。
今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。
  一般社団法人
ディベロップメントシニアPCコミュニティ
代表理事 
片岡まり子