本文へスキップ

DSPCはシニアや障害者福祉・地域コミュニティ作りを推進

月刊「健康と医療」掲載記事JHM Vol.125

DSPCの該当記事は「赤枠線内」です。


DSPCの「シニアに使いやすい アロマペンダント」が紹介されました。

  2015年2月27日発行、月刊「健康と医療」第125号(発行/株式会社
  健康医療ジャーナル)の13面(JHM 医療流通を追う)で、DSPCの
 「AROMA-PENDANT アクティブ&シニア/AAS」が紹介されました。

  掲載記事のPDF版はコチラ(PDF:1.46MB)


該当記事全文

  一般社団法人ディベロップメントシニアPCコミュニティのアロマ製品
  ブランド「Active-Life」では「シニアに使いやすいアロマペンダント」
  を取り扱う。
  芳香浴によるアロマセラピーは、精油の香りが嗅覚を通じて脳の大脳
  辺縁系を活性化させるという作用を活用した自然療法で、昨年には、
  日中と夜で香りを使い分けた芳香浴を行うことで、脳の若返りが期待
  できるという認知症予防に関する画期的な研究が発表された。

  アロマというと利用者は若い女性のイメージが強いが、同法人では医
  療・介護分野に特化した事業展開を行っており、他との差別化を図っ
  ている。日本は2025年には人口の約30%が前期高齢者(65〜74歳)に
  なると言われている中で、認知症対策は、社会保障・介護と並び、
  2025年問題のひとつとなっている。

  今後はセルフメディケーションが重要視されてくる。
  同法人はそういった情勢を鑑みた上で、今後さらに医療・薬局・介護
  分野との提携を積極展開していくという。
  医療費の増加、少子高齢化、心の病の増加など、ますます複雑化する
  医療事情。西洋医療とあわせ、ますます予防医療・統合医療や東洋医
  療との融合が重要視されていく。

  <記事担当:熊谷記者/JHM編集部(株式会社健康医療ジャーナル)>

  トップページに戻る